アンコールワット遺跡群 アンコールワットガイドアンコールワット遺跡群、地雷博物館、戦争博物館、キリングフィールド、シェムリアップの街並みなど 

スポンサーサイト

   ↑ 

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://siemreap.blog111.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベンメリア (Beng Mealea) 遺跡

   ↑ 

カテゴリー: ベンメリア 遺跡



1990年代に発見されたばかりのベンメリア(Beng Mealea) は、2001年までは地雷が沢山埋っていた為、一般的には非公開だった。

2001年からようやく外国人に公開されるようになったが、いまだ発見時の雰囲気が残り、森の中に覆われているベンメリア遺跡。

シェムリアップから約80km先に進むと、森のなかへ通じる道があり、ベンメリア遺跡がある。
(奥地には「地雷注意」の看板があるのでご注意ください。)


 森の中に広がる遺跡の周囲は約4.2km。

 遺跡の中に入るには入場券 5$が必要。

 創建年代を明らかにする碑文はまだ発見されていな
 いが、アンコールワット建造前の11世紀末~12世
 紀初頭に平面展開型の寺院構成として造られたとさ
 れている。

 日本では宮崎駿監督のアニメ「天空の城ラピュタ」
 のモデルとなったと言われていて、日本人観光客に
 とても人気がある遺跡。

 確かに、遺跡の中の風景を見ていると、そんな気が
 してくる。


遺跡のなかは崩壊が進んでいるため、歩ける範囲が限られるが、屋根の上を歩いたり、光の届かない回廊のなかをたどったり冒険気分が味わえる。

現在、熱帯樹の茂る密林が遺跡全体を覆っていて、建造物の中を熱帯樹の根が伸張し、熱帯樹によって建造物がどんどん破壊されている。



FC2スレッドテーマ : カンボジア (ジャンル : 海外情報

(記事編集) http://siemreap.blog111.fc2.com/blog-entry-6.html

2009/12/07 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : タ・プローム(Ta Prohm) 遺跡
この前の記事 : カンボジア 入国とビザ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。