アンコールワット遺跡群 アンコールワットガイドアンコールワット遺跡群、地雷博物館、戦争博物館、キリングフィールド、シェムリアップの街並みなど 

スポンサーサイト

   ↑ 

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://siemreap.blog111.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アンコール・ワット(Angkor Wat) 遺跡

   ↑ 

カテゴリー: アンコール・ワット 遺跡


写真:アンコール・ワット

アンコール・ワット(Angkor Wat) 遺跡は、1992年にアンコール遺跡として世界遺産に登録。
カンボジアの都市、シェムリアップ中心地から北へ約7kmの位置に広がる。

入場券(1日20USドル、3日40USドル、7日60USドル)が必要。

遺跡は東西1500メートル、南北1300メートル、幅200メートルの濠で囲まれ、主に砂岩とラテライトで築かれ、西を正面としている。

アンコールは王都、ワットは寺院を意味し、12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教寺院として三十年余の歳月を費やし建立される。


 アンコール・ワットの第一回廊の浮き彫りは、図像
 を平面に並べて空間を描き、絵巻物のように読み進
 んでいくことにより、ひとつの物語が完結する説話
 性を持っているといわれている。

 西面にはインド古代のマハーバーラタ、ラーマーヤ
 ナが描かれている。

 南面にはスールヤヴァルマン二世の行軍。

 東面には乳海攪拌やヴィシュヌ神と阿修羅の戦い。

 北面にはクリシュナとバーナ(阿修羅)の戦い、ア
 ムリタを巡る神々の戦いなどが描かれている。
 
 写真:第一回廊




写真:アンコールワット 朝日

アンコールワット遺跡は日の出もとても美しく、早朝にカメラと三脚を持ち人々が集まってくる。
早朝のアンコールワットは、少し寒く霜が降りていたが、とても気持ち良かった。(11月上旬)

遺跡は西を正面としているので、午前に写真を撮ると逆光になるため、午後の観光が好まれる。
遺跡の正面からは年2度、中央の祠堂からの日の出がでるところを見ることができる。


スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : カンボジア (ジャンル : 海外情報

(記事編集) http://siemreap.blog111.fc2.com/blog-entry-9.html

2009/12/10 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。