アンコールワット遺跡群 アンコールワットガイドアンコールワット遺跡群、地雷博物館、戦争博物館、キリングフィールド、シェムリアップの街並みなど 

スポンサーサイト

   ↑ 

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://siemreap.blog111.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アンコール・トム (Angkor Thom) 遺跡

   ↑ 

カテゴリー: アンコール・トム 遺跡


写真:バイヨン(Bayon) 寺院

アンコール・トム (Angkor Thom)遺跡はアンコール・ワットの北に位置する。

遺跡の広さは南北3000m、東西3000mもあり、アンコール遺跡群のなかでも最も巨大な遺跡群。
アンコール・トムは「大きな都」という意味で、 アンコール・ワットの約4倍もある。

周囲約12kmの城壁内には、十字に主要道路が配置され、その中央には宇宙の中心といわれる、バイヨン(Bayon) 寺院がある。


 
 アンコール・トムは12世紀後半、アンコール朝の第
 二十代国王「ジャヤーヴァルマン7世」により建設
 されたといわれている。

 王宮広場では王国の全土から神仏像を集め、王の臨
 席のもと、毎年儀式が行われたらしい。

 バイヨン寺院は、古代インドの宇宙観によると神が
 住む聖域で、また神が降臨するといわれたメール山
 を象徴化している。

 また、寺院内には中央祠堂と尖塔の頂部に50面を超
 える、異なった表情の観世音菩薩がある。
 
 写真:観世音菩薩




写真:ピミアナカス

ピミアナカス(Phimeanakas)寺院は、王宮周壁のなかバイヨンの北西に位置する。
11世紀初頭に創建されたとされ、正しくはピミアン・アカーハといい、「天上の宮殿」、「空中桜閣」という意味がある。

ピラミッド型の建物で、ラテライトの基壇を3層に積み上げ、小さな祠堂を上に載せている。


スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : カンボジア (ジャンル : 海外情報

(記事編集) http://siemreap.blog111.fc2.com/blog-entry-8.html

2009/12/09 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。