アンコールワット遺跡群 アンコールワットガイドアンコールワット遺跡群、地雷博物館、戦争博物館、キリングフィールド、シェムリアップの街並みなど 

スポンサーサイト

   ↑ 

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://siemreap.blog111.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

西バライ (West Baray) 遺跡

   ↑ 

カテゴリー: 西バライ 遺跡


写真:西メボン(West Mebon)寺院

西バライ (West Baray)は、アンコール・トムの西に位置する。
スールヤヴァルマン一世により造られ、東西約8km、南北約2kmもあり、とても人造とは思えないほどの貯水池。

貯水池の中心には、西メボン(West Mebon)寺院がある。


Google Map (グーグルマップ)などで、空中か
ら見ると、この遺跡のすごさがよくわかる。

広大な貯水池には、いったい何が沈んでいるの
だろう。

西バライから出ているボートで西メボンまでは
行くことができる。(料金:10USドル前後)




 西メボンは、遺跡そのものはほとんど崩壊してしま
 っている。
 
 しかし、バプーオン寺院と同様式の美しい彫刻や、
 周囲に巡らされていた回廊などが部分的に残ってい
 る。

 また、プノンペンの国立博物館に収蔵されている
 「横たわるヴィシュヌ神の胸像」が発見された古井
 戸も残っている。

 周囲の貯水池を見ると、たくさんの遺跡が沈んでい
 る。
 
 
 写真:西メボン(West Mebon)回廊




西メボンへは、西バライのボート乗り場か
ら約10分ほどで行くことができる。

ボートは主に10人前後は乗れるエンジンボ
ートで子供たちだけで操縦する。

動画の映像はデジタルカメラで撮影したた
め、画質はよくないが、子供たちがボート
を操縦して西メボンまで連れて行ってくれ
るところ。





スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : カンボジア (ジャンル : 海外情報

(記事編集) http://siemreap.blog111.fc2.com/blog-entry-14.html

2009/12/12 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。